2015年04月27日

小向美奈子被告に懲役1年6月「依存性は相当に根深い」

komukai1.jpg 覚醒剤取締法違反(所持と使用)の罪に問われたタレントの小向美奈子被告(29)に、東京地裁は27日、懲役1年6月(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。小向被告は黒いスーツに、ハイヒール姿で入廷。終始、表情は変えなかった。 起訴状では、東京都渋谷区の自宅で2月、覚醒剤約0・05グラムを所持したほか、覚醒剤を気化させて吸引したとされる。

 小向被告は09年にも覚醒剤を使用したとして執行猶予付きの有罪判決を受けており、鈴木巧裁判官は「入手した経緯に同情すべき点はないし、覚醒剤に手を出すことに対する抵抗感やちゅうちょは感じられない。依存性は相当に根深い」と指摘。「一度、社会内で立ち直る機会を与えられていたにもかかわらず、そのチャンスを生かすことができず、再び安易に覚醒剤に手を出したものであり、その責任は重い」と説明した。

【ネタ元:スポーツ報知】



目二回目の執行猶予は・・・さすがにナシでしたね。
posted by 激ネタ.com at 14:10| Comment(0) | 芸能ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: