2014年12月08日

たかみな、AKB電撃卒業発表 1年後の10周年メドに

takamina1.jpg 人気アイドルグループ・AKB48の高橋みなみ(23)が8日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた『劇場9周年特別公演』でグループからの卒業を電撃発表した。日程は未定だが、「2015年12月8日をメドにAKB48を卒業します」と宣言。次期総監督には、この日22歳の誕生日を迎えた横山由依を指名した。 2005年12月8日午後7時の初日開演から丸9年。「我が家」という劇場で109人のメンバーのセンターに立ち、しみじみと9年を振り返った高橋は、左目から一筋の涙をこぼすと、「ここで私から一つ発表させてください」と切り出した。「私、高橋みなみは2015年12月8日をメドにAKB48を卒業します」。劇場は「え〜!」と大きくどよめき、メンバーの目にも涙があふれた。

takamina2.jpg  1年先の卒業を発表した理由について「私はAKB48グループの総監督です。メンバーに引き継ぐ時間、猶予をいただくため、このタイミングでの発表になりました」と説明。「この日にちという詳細は決まっていません」と明かし、両隣にいた同期の小嶋陽菜(26)と峯岸みなみ(22)も食い入るように高橋を見つめ、言葉に聞き入った。

takamina3.jpg  「AKB48に恩返しできることは一握りかもしれません。でも、AKB48の未来を担う子たちに何か残してあげたい。それが私にできる恩返しの形」という高橋は、次期総監督に横山を指名。「正直、総監督はきついです。仲のいい横山由依に総監督の名前を渡すのはとても嫌でした。私で終わらせようとも思っていました」と苦しい胸中を吐露。

takamina4.jpg  隣に涙で頬を濡らした横山を呼び寄せると、「不器用。でもすごく一生懸命。夢も私と同じソロデビューとあって、夢から遠ざけてしまうかもと悩みましたが、きっかけが必要。世間の人に見てもらえるチャンスが増えるから頑張ってほしい」とエール。横山は無言のまま、高橋をじっと見つめ返した。

takamina5.jpg  最後に「AKBは来年10周年。大切な1年で。このグループに10年いられたことがうれしいですし、10年で終わるようなグループではないと思っています。11年目につなげてほしいし、大丈夫だと思っています」と笑顔をみせた高橋は「私なりに一生懸命、横山由依とメンバーにバトンをつないでいきたいと思います」と力強く宣言した。

【ネタ元:ORICON STYLE】

目この人は世間一般敵にAKBの象徴みたいなもんでしたから、いなくなったらAKBって感じがしませんよねたらーっ(汗)前田敦子は消えかけてますが、タカミナは色んな形で芸能界に残って行きそうダッシュ(走り出すさま)
posted by 激ネタ.com at 20:51| Comment(0) | AKB
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: